アトリエコハク

アトリエコハク

兵庫県但馬のホームページ制作アトリエ

>
>
>
  • feedly

noteの投稿をfeedlyで購読する方法

スポンサーリンク

最近巷ではnoteが流行っているようですね。
こちらです。 -> note
ブログとTwitterの間の様なサービスですかね。

僕はfeedlyを愛用していて、feedlyで沢山のブログを購読しています。

そんなfeedly好きな僕なのでnoteの投稿もfeedlyでチェックできないかなーって思ったんです。
僕もnoteのアカウント持ってるのでそれでフォローすれば良い話しなんですけど。
まぁでも一つのアプリで完結できた方が楽なので。

feedlyでnoteの投稿を購読する方法


いつものように結論からいくと、feedlyにnoteの投稿を引っ張ってくるにはfeedlyで「https://note.mu/◯◯◯/rss」と検索すれば良い。
「◯◯◯」部分に購読したいnoteのアカウント名というかIDを入れて下さい。
そうするとnoteに投稿された記事がfeedlyのタイムラインに現れます。

こんな感じで入力。
※画像では「https://note.mu/atoriekohaku/rss/」って入力しちゃってるけど「https://note.mu/atoriekohaku/rss」という感じで最後の「/」はいらないです。

feedlyで検索

noteで投稿してみる


ではちゃんと反映されるかnoteに投稿してチェックしてみます。
まずは「トーク」機能に投稿した記事がfeedlyに表示されるかどうか。
note トーク

feedlyでチェック。

feedly

お!きてるきてる!

トークだけじゃなくテキストでも試してみる


noteにはTwitterやfacebookの様に短めの投稿をする「トーク」という機能があります。その他にも画像や、サウンド等いろいろアップロードできます。
ブログのように長めの文章を書くには「テキスト」という機能を使います。
ブロガーの方たちはテキスト機能で投稿している人も多いので、先ほどの方法でnoteのテキスト機能での投稿がfeedlyに反映されるか試してみます。

noteのテキスト機能

今回はtest2というタイトル&本文で投稿。

noteテキスト機能で投稿

そしてfeedlyに戻ってチェック。

テキスト機能

ちゃんと来てる!
ちなみにnoteに投稿してリアルタイムでfeedlyに反映されるわけではないので、数時間反映されない場合もあります。
また、イメージ、サウンド、ムービーの機能では試してないのでうまく動作するのか分かりません。

URLにfeedを付ける方法は使えない


ここからは番外編ですが、feedlyで購読する方法としてもう一つ方法があります。
購読したいURLの最後に「/feed」を付ける方法です。

今回の場合だとこうですね。
https://note.mu/atoriekohaku/feed

一応これでも動作するのか試してみたんですけど、この方法はダメでした。

スクリーンショット 2016-02-14 11.05.22

Sorryって出ちゃってます。

まとめ


というわけで、noteの投稿をfeedlyで購読するには「https://note.mu/atoriekohaku/rss」こんな感じでnoteのURLの末尾に「/rss」を付けると良いよって話でした。

Livedoorブログをfeedlyで登録する場合はこちらの記事をどうぞ!
Livedoorブログをfeedlyで登録する方法

スポンサーリンク