アトリエコハク

アトリエコハク

兵庫県但馬のホームページ制作アトリエ

>
>
  • After Effects

after effects カメラを使ってピントを合わせたりぼかしたりしてみる

スポンサーリンク

After Effectsのカメラについて見て行きましょう。
After Effectsのカメラってなんだかとっつきにくいけど、ちょっとずつやっていきます。

ではまず新しいコンポジションを作って、適当に文字を書いてテキストレイヤーを2つ作ってみましょう(テキストレイヤーじゃなくても良いです)
こんな感じ。
make-text-layer

つづいて「メニューバー」>「Layer」>「Camera」でカメラレイヤーを作成。
make-camera-layer

次に表示される画面はとりあえずOKで。
camera-settings

ここで、レイヤーパネルから最初に作った2つのテキストレイヤーを3Dレイヤーにします。
3Dレイヤーのチェックボックス(箱のアイコン)の部分をチェックして3Dにしましょう。

make-layer-3d

そうするとテキストレイヤーを選ぶとこんな矢印が表示されると思います。これでx,y,z軸の3方向に動かすことができるようになりました。

3d-arrow

今度は、図の黄色い円で囲んだ部分(z軸移動)をドラッグしてBのレイヤーを遠くに移動します。グーンと遠くに移動しちゃってください。

3d-arrow

こんな感じに遠くに移動しましょう。

show-3d

次はレイヤーパネルに戻り「カメラ」レイヤーを選択し、左の三角矢印から「Camera Options」を表示して、「Depth of Field」を「on」にします。
そしてその2つ下にある「Aperture」の項目の数値を変えてみましょう。値を思い切って変更するとどちらかの文字(あるいはどちらも)がピンぼけしたような感じになると思います。

depth
そして最後に「Focus Distance」の値を操作すると「A」のレイヤーにピントを合わせたり「B」のレイヤーにピントを合わあせたりできます。

adjast-focus-distance

ポイントはそれぞれのレイヤーを3Dレイヤーにするのを忘れないようにすること。

スポンサーリンク